長野県山ノ内町

*参考資料 『信濃の山城と館G』(宮坂武男) 『日本城郭体系』

落合城(山ノ内町夜間瀬面落合城山)

*鳥瞰図の作成に際しては『信濃の山城と館G』を参考にした。

 山ノ内町夜間瀬10040番地の民家の西側の山稜が落合城の跡である。

 国道403号線を南下して木島平村から山ノ内町に入って道が大きくカーブする辺りから、北西側に入り込んで行く。坂道を少し下って行ったところで、民家の奥にこんもりとした山稜が見えている。これが落合城である。

 駐車場などはないので、車は路肩の広そうなところに寄せて停めさせていただくしかない。

 落合城にアクセスするには東側の民家のある所から行くのが一番早いのであるが、民家の敷地内である。そこで、南側下の畑内部を通って接近することになるのであるが、これが途中からヤブになっていた。しかし、たいした距離ではないので突破していく。

 民家との間の部分は切通しになっており、ここにかつて堀切があった可能性がある。

 そこから2郭内部に入って行くと、入口が方形に窪んだ地形になっていた。これはかつての枡形の名残である可能性がある。

 2郭内部には案内板が設置されていたが、これは意外なことであった。案内板があるということは城址として認識されているということであろう。それなのにアクセスルートが難しいというのはなんだか矛盾しているような気がする。

 2郭は南北に細く20mほどの長さがある。その先に段差があって、下の段が1郭となっている。段差に接続するように神社の建物が設置されている。

 1郭は長軸15mほどの郭で、やはりあまり大きなものではない。

 1郭と2郭との間にはかつては堀切が存在していたと思われるが、現在では埋め立てられてしまっている。ただし、北側の縁部まで行くと竪堀のようなものが見られ、これがかろうじて堀切の名残を示しているようである。

 それにしても2郭の方が高い。1郭側に土塁を盛り上げないと、2郭から1郭内部が丸見えになってしまう。かつてはそうした対策が取られていたのであろうか。

 1郭から先端下に降りていくと、そこに堀切が掘られていた。堀切は地形なりに弓なりになっているので、堀切というよりも三日月彫りという呼称の方がふさわしいものである。

 このように落合城は2郭構造の小規模な城郭であった。

東側下の畑から城址方向を遠望する。 尾根基部にある切通し状の通路。
2郭にある案内板。 2郭の入口近くには枡形状の窪みが見られる。
1郭との間の堀跡。 1郭先端部下の横堀。
 落合城の城主等、歴史については未詳である。

 ただ、木島平村との境界近くにあることから、毛見氏といった木島の勢力を監視するために、夜交氏によって築かれたものである可能性はあるだろう。 




尾台若狭屋敷(山ノ内町夜間瀬宇木)

*鳥瞰図の作成に際しては『信濃の山城と館G』を参考にした。

 裏笹川に架かる藤沢橋の北西側にある微高地が尾台若狭屋敷と呼ばれているところである。

 館跡と言われている部分は、高さ2mほどの土手の上となっており、なんとなくそれらしい地形のようには見える。東方を流れる裏笹川は天然の堀として機能していたであろうか。

 しかし、それだけであり、館といえばそれらしく見えるといった程度のものである。

 この周辺はみなリンゴ畑となっている。近年はリンゴ泥棒がいるらしいので、疑われないように気を付けた方がよい。




 名称の通り、尾台若狭の屋敷であるという伝承を有しているが、この人物も含めて、詳しいことは分からない。

 東側の山中に若狭堀と言われる溝があり、また若狭堰と呼ばれる堰の跡もあるというので、これらの建造に関与した人物であったと考えられる。












藤沢橋から屋敷方向を遠望する。 屋敷の城塁を遠望したところ。
屋敷の城塁。周囲は一面のリンゴ畑となっている。




夜交氏横倉館(山ノ内町横倉柳原)

*鳥瞰図の作成に際しては『信濃の山城と館G』を参考にした。

 横倉集会所の北側一帯の民家が密集している辺りが夜交氏横倉館の跡である。

 集落の中心部に位置しており、かつての領主の居館を中心として集落が発展したものと考えられるが、市街地化によって遺構は失われてしまっている。

 東側には石垣のあるお宅が何軒もあるが、東側よりも館内部の方が地勢が低くなっている。

 また、「御屋敷」と呼ばれている館内部の中心には、弁財天が祭られているが、これも夜交氏と何らかの関係があったものなのであろうか。

 規模は60m四方ほどのものであったらしい。




 当地域にはもともと朝廷の御牧であった笠原牧があり、牧氏は笠原氏であった。

 後に中野氏の勢力が及んでくると、中野氏系の夜交氏が進出してきて館を構えたという。これが夜交氏横倉館である。南北朝時代のことであったと言われている。

 中野氏・夜交氏は南朝方として足利直義に属しており、北朝方の高梨氏と対立を続けていた。後に北朝方勢力に圧倒されるようになると、高梨氏は夜交氏をその配下に納めるようになった。

 しかし夜交氏にとっては不本意な結果であったようで、その後の夜交氏は、何度も高梨氏に反抗することとなる。














東側の堀跡を通る道路。左側の低い方が館跡である。 西側の城塁の名残。




夜交氏本郷館(山ノ内町夜間瀬本郷)

*鳥瞰図の作成に際しては『信濃の山城と館G』を参考にした。

 夜間瀬川の東岸の住宅地一帯が夜交氏本郷館の跡である。

 横倉館にいた夜交氏が、河川交通に便利なこの地に新たに取り立てた居館が本御館であったと言われている。

 館は夜間瀬川に臨む河岸段丘上に築かれており、南北に200mほどとかなりの規模があったようである。

 現在は宅地化によって、遺構のほとんどは失われてしまっているが、南側に窪んだ地形が見られるのが、堀の跡であると考えられている。

 館の北限は判別しがたくなっているが、道路が交差する地点に「枡形」と呼ばれている個所がある。おそらくここに堀があり、枡形を成すような構造物が存在していたのであろう。ただし現状からその形状を伺い知ることはできない。

 館内部の中心部近くには高札場跡と市神とがあり、市神には案内板が設置されている。

 市神とは市が開かれる場所に祭られた祭神である。といったことで、この場所には位置が置かれていたということになる。市からすると、館の内部に高札場や市場を設置していたということになる。




 上記の通り、横倉館にいた夜交氏が、後に居館を移したのが本御館であった。しかし、それがいつの時代のことであったのか詳細はよく分かっていない。












南側の堀跡。 館跡内部に残る市神の案内。




夜交氏山城(山ノ内町夜間瀬)

 夜間瀬横倉地区の南方にそびえる比高200mほどの急峻な山稜が夜交氏山城の跡である。遠目にも目立って見える急峻な山稜となっている。

 道路の一番上の辺りまで登り、獣除けの柵を通って城山の斜面に進んで行くと、登城道らしきものを見つけることができた。ところが、夏場ではヤブになってしまっており、とても進んで行く気になれなかった。いずれ後日リベンジしたいと思っている。

北側から遠望する夜交氏山城。山麓からの比高は200mほどある。 登城道入口だが、夏場ではヤブがひどくて進めない。