長野県高山村

*参考資料 『信濃の山城と館8』(宮坂信男)

福島正則居館(高山村高井八幡添)

*鳥瞰図の作成に際しては『信濃の山城と館8』の図を参考にした。

 現在、高井寺の境内となっているところが福島正則の居館の跡である。

 福島正則といえば、豊臣秀吉子飼いの武将として著名であり、賤ヶ岳の七本槍や、関ケ原合戦で武功を立て、芸州広島で50万石の大名となったことなどで知られていよう。それが一般的な知識というものである。その福島正則の居館が長野県の高井地区にあるなどとは、まったく意外な気がしてしまのであるが、福島正則は、その晩年をここで過ごしていたのである。

 もともと秀吉に心酔していた正則は、官僚方の石田三成らとは相入れない関係にあった。秀吉の死後、家康に接近して関が原で東軍のために骨折りしたのも、三成憎さという思いに加えて、「豊臣秀頼を悪いようにはしない」という家康の甘言を真に受けたからであった。

 ところが、関ケ原合戦後の家康は天下人となり、実質的に豊臣秀頼の天下を奪い取ってしまった。さらには、いつ江戸幕府によって豊臣家が取り潰されてしまうのか、非常に危うい状況になってしまった。そんなわけもあり、正則は葛藤を続けていたはずである。

 「正則の忠誠心の本性は。徳川家ではなく豊臣家にあり」ということは、家康は百も承知であったであろう。しかし、家康は正則に関ケ原で大きな恩を被っている。これを掌返しに打ち消してしまうことは家康といえどもできなかったのであろう。

 しかし、家康は秀忠にこのように言い残していたのではないかと言われる。「正則は豊臣家を滅ぼした徳川家に対して深い恨みを抱いていよう。危険な人物である。しかし、自分は正則に恩があるので、自分が生きているうちには正則を改易にすることはできない。しかし、自分が死に、そなたの世になれば、もう遠慮する必要はない。機会があったなら、あのような危険な男は、召し放ってしまった方がよい」

 家康死去の3年後である元和5年(1619)、水害のため、広島城の石垣などが破損した。武家諸法度により、居城を修理を勝手にすることはできない決まりになっていたため、正則はそれを幕府に届け出た。しかし、城の破損はひどく、すぐにでも修理しないとまともに居住できないような箇所もあった。そこで正則は、幕府の許可を待たずに広島城の修理を行った。(幕府がわざと許可を遅らせていたという説もある。) そして、そのことから「許可なき居城の修築よろしからず」という名目で、正則から広島50万石を取り上げて、信濃高井郡と越後魚沼郡とで合計4万5千石の地域に減封とさせたのである。これが高井野藩であるが、実質的な改易と言っていい。

 そして高井郡に来た正則が居館として営んだのがこの居館である。高井野藩の藩庁であった。

 県道54号線を進んでいると、高井寺の入口に「県史跡 福島正則屋敷跡」と書かれた標柱が立てられている。そこから入り込んでいくと高さ2mほどの石垣が構築されているのが見えてくるが、これは近世中期に高井寺の建立の際に築かれたものであるという。その先に高井寺の山門が建てられており、その脇に福島正則屋敷の案内板が設置されている。それによるともともとは東西105m、南北73mほどの規模であったという。また、東北隅に高さ2m、長さ19mほどの土塁が残っているとも書いてあるが、これは現在ではほぼ消滅してしまったようである。

 当初、この石垣が遺構なのかと思っていたのだが、そうでないということになると、明確な遺構というにはほとんどなさそうである。陣屋というにしてもあまりにも素朴なものであるが、配流されてまできちんとした城郭を築くだけの心の余裕はなかったのであろう。

 ここで正則が過ごしたのは晩年の数年であったが、その間に、新田を開いたり、用水堰を構築し、松川治水の築堤を行うなど善政を施したという。広島にいた際も、内政には手腕を発揮していたと言われており、一般的には豪勇で短気な性格をもって知られている正則であるが、実際には内政家としても有能な人物であったことが偲ばれるのである。

 寛永元年(1624)、正則はこの地で病没したが、幕府の許可を得ずに火葬したということがあって、残りの所領もすべて幕府に没収されてしまうことになった。正則の霊廟は小布施町の岩松院に建てられている。

西側の石垣。後世のものらしい。 高井寺の山門。脇に案内板が立てられている。
北側の県道沿いの入口に標柱が立てられている。




福井城(高山村牧上福井屋知)

*鳥瞰図の作成に際しては『信濃の山城と館8』の図を参考にした。

 福井原公民館の北東200mほどの所の台地縁部一帯が福井城の跡である。

 北側の下から台地上に上がっている道が付けられており、この道に削られるようにして2郭が存在している。というわけで、近くまで行けばすぐに遺構が分かるかと思って現地に行ってみたのだが、台地に上がった辺りの部分を歩いてみても、ちっとも遺構らしきものが見えてこない。いったいどこに城址があるのか? 迷ってしまうことになった。

 仕方がないので付近を歩き回って東南側に入り込んでいくと、そこに古い道があり、3郭の堀の前面に福井城の案内板が設置されていた。どうやら、新しい道ができてしまったために、この旧道はほとんど使用されないようになっており、場所も分かりづらくなってしまったものらしい。

 自分の手持ちの地図には、この新しい道はまだ付けられていなかった。そのため分からなかったというわけだ。旧道を進んで来さえすれば、すぐに城址の位置は分かるようになっている。

 上記の通り、案内板の背後には3郭の堀がある。この堀はそのまま北東側に延びており、台地縁では竪堀となって落ちて行っている。しかし、3郭は一面のヤブであり、その周囲の堀もヤブに覆われていて判別しづらい。ただ、台地縁部の竪堀となっているあたりはヤブも少なく、その形状を把握するのも容易である。この部分の堀が一番深くなっていた。

 案内板の所から南東に延びている道路を進んで行くと、道路沿いには2郭の堀が見えている。しかし、2郭もまたヤブがひどくなっているために、内部の様子を観察するのは困難な状況である。っていうか、この城はどこもかしこもヤブに覆いつくされている。

 その先に縦に延びる堀があり、そこから先が1郭である。主郭であるだけに周囲を取り巻く堀も一番明瞭であり、郭内部には土塁も盛られている。規模は50m四方ほどある。しかし、明瞭な堀とはいっても、深さ2m、幅4mほどのものであり、さほど堅固なものであるとは言えない。城というよりは居館というにふさわしいような遺構規模である。

 南西の角から入り込んでいくと、土橋が付けられており、その先には虎口が開口している。ここから内部に入っていくと・・・・こちらもやはりヤブである。それでも土塁や、若干の高低差が郭内部にあることは分かる。南東の角には土塁が広くなっているところがあり、櫓台の可能性がある。

 1郭の東西に入っている堀は、緩やかな竪堀状に台地縁部に向かって降っている。それを進んで行くと、1郭の城塁北側下には横堀が構築されているのが見えてくる。もっとも横堀にしてもかなり規模は小さなものである。

 こうしてみると、福井城は、台地縁部に3つの郭を連郭式に配置した城郭であったように見える。ただし、その南側の山林の中にも堀が見られ、それに囲まれた部分が外郭とでもいうべき4郭であったと思われる。もっとも4郭の堀は1郭周囲のものに比べて、かなり規模は小さくなっている。

 福井城は豪族の居館というよりも陣城的な雰囲気を感じさせる城郭である。戦時に際して、居館部分を中心にして城域が拡張された可能性が高いと言っていいだろう。

 なお、城内にはかつて豊かな泉が湧き出ていて、城内を潤していたという。これが福の井戸と呼ばれており、福井城という名称の由来となったものであると言われている。

3郭の堀の前に立つ案内板。 1郭東側角の土橋。この先に虎口がある。
1郭の土塁。 1郭西側の堀。南側に向けて降っている。
1郭南側の横堀。 1郭西側の堀を下方から見たところ。
3郭堀の台地端部分。 4郭の堀。
 福井城の城主は須田満親配下の牧伊賀守であったという。永禄2年(1559)2月、武田晴信の軍勢がこの地方に攻め寄せ、須田氏の居城も攻め込まれてしまい、須田氏は城を捨てて越後に赴き、長尾景虎(後の上杉謙信)を頼って行ったという。

 牧伊賀守も須田氏に従って信濃を落ちていったために、福井城は廃城となってしまったと言われる。




高原城(釜山・城山・高山村奥山田天神原釜山)

*鳥瞰図の作成に際しては『信濃の山城と館8』の図を参考にした。

 天神原のバス停のすぐ南側の台地縁部が高原城の跡である。バス停の脇には句碑と案内板が立てられており、最初これが城址案内板なのではないかと思ったのだが、城に関する記述はあまりなかった。

 火の見の辺りの道路の余白に車を停めて、目の前の高台を目指す。これが1郭で、周囲よりも6mほど高い土手となっている。北側に登城路が付けられており、登って行くとすぐに1郭内部に上がっていくことができた。1郭は長軸20mほどの楕円形の郭であり、ここに祠と東屋が建てられていた。

 1郭の西側に延びているのが2郭である。この内部に通路が通っており、その間の部分が切通し状になっているため、これによって分断された2つの郭のようにも見えるのだが、この切通しは、その形状からして後世のものであると思われ、もともとは分断されていなかったのであろう。

 この南側は松川に臨む断崖となっており、要害地形である。

 しかし、城の北側はわずかな土手となっているだけであり、北側の防備は手薄に思われてしまう。かつては堀などが掘られていたのであろうか。現状ではそれらしき痕跡は見られない。

 遺構としてはこれだけであり、あまり堅固な印象は受けないのだが、集落端にあることから、天神原の集落を守るための要害であったものと、ひとまずは想定してみることができそうである。



 高原城の歴史等、詳細は未詳である。
 
 この山は釜山と呼ばれており、そこから続く台地は長峰と呼ばれている。1郭内部にある祠に「高原城」と刻まれているとのことであり、バス停脇の石碑にも「城山」と刻まれていて、城であったことは間違いなさそうであるが、どういう人物がここに拠っていたのかは明らかではない。

火の見の所から見る城址。 1郭内部。
2郭北側の城塁。 2郭内部を通る道。
バス停の所から1郭方向を見る。石碑と案内板は城に関するものではない。