長野県松川村

*参考資料 『信濃の山城と館7』(宮坂武男)

鼠穴館(松川村)

*鳥瞰図の作成に際しては、『信濃の山城と館7』を参考にした。

 松川村鼠穴の4581番地一帯が鼠穴館の跡である。

 鼠穴館は、地元の豪族の居館であったと思われる城館である。背後には城峯(鼠穴城)と呼ばれる詰の城が存在しており、山城と根古屋とが一体化した城館であった。しかし、その形状は把握しづらい。

 通常、根古屋と言えば、単郭の居館であったりすることが多いのだが、鼠穴館の堀や土塁の形状は複雑であり、単なる居館形状ではない。城域内部には複数の屋敷の名称が残されており、単独の豪族の居館というよりは、複数の名主が共存した屋敷の複合体といった構造をしていたようだ。実際に、上手屋敷、真屋敷、中屋敷、下屋敷、久保屋敷といった名称がそれを示している。

 といったこともあり、城域の内部は複数の屋敷が区画されて存在する複合居館であったと思われる。

 区画を示す堀や土塁といったものも、あちこちに残存している。しかし、それらをつなぎ合わせても、現状の残存部分から、堀や土塁によって囲まれた領域の全体形状を復元することは難しい状態である。もっとも、それは、かなりの部分が破壊されてしまったゆえ、と捉えることは可能である。

 最も城郭的な遺構が残されているのは北側の墓地になっている土壇の周囲である。ここには櫓台規模の2つの土壇があり、その間は堀切状の窪みとなっている。また、この周囲には、かなり本格的に堀が巡らされている。ただし、これらの土壇を独立した郭として見られるかというと、それにしてはあまりにも面積が小さすぎる。あくまでも独立した土壇といった程度の規模でしかない。

 南西側にも明瞭な堀の跡が見られる。ところが、南側部分は城内側の方が明らかに低くなっており、防御的にははなはだ心もとない。本来はもっと違った構造をしていたのであろうか。

 南端東側にも独立した土壇があり、ここに祠が祭られている。この背後の窪地部分が「久保屋敷」という名称で呼ばれているようだ。このような窪地に屋敷があったとは信じがたいことだが、文字通り「久保屋敷」というのだから、窪地の施設があったところなのであろう。もちろん、実際には「屋敷」というよりは「牢屋」のような非日常的な施設があったと考える方がしっくりとくる。
  
 こんなわけで、鼠穴館の全体構造は把握しづらい、としか言いようがないが、明確な遺構が残されているのも事実である。ここを訪れてみて、旧状がどのようなであったのか、いろいろと想像を巡らせてみるのも面白いかもしれない。



 鼠穴館の城主は、仁科氏に属した土屋盛俊であったという。後に武田氏の攻撃にあって没落した。その後は武田氏に属した人物が入城していたと思われる。
 
 天正10年に武田氏が滅亡した後は、小笠原家臣であった芳野氏が入部し、城主となったという。

 小笠原氏の古河転封後、芳野氏は当地に残って帰農することになった。近世では庄屋屋敷として機能していたと思われる。


久保屋敷の手前の土壇。 真屋敷手前の堀跡。
こちらも真屋敷の堀だが、北側部分。 中屋敷手前の堀。
北側の墓地の間の堀切状部分。 中屋敷北側の堀の、北端部分。
北西側の切通し部分。 館背後にある城ヶ峯。