高知県香美市

参考資料  『日本城郭体系』 『楠目城跡』(山田氏関連遺跡確認調査報告書)

参考サイト  城郭放浪記

楠目城(山田城・香美市土佐山田町楠目)

*鳥瞰図の作成に際しては『楠目城跡』(山田氏関連遺跡確認調査報告書)を参考にした。

 楠目城は、鏡野中学校の北東側にそびえている比高70mほどの山稜に築かれている。途中、中学校に曲がる交差点の所に「←楠目城跡」といった案内が立てられているので、入口は分かりやすくなっているのかと思った。しかし、登り口には何も案内がないので、ここから先は見当をつけていくしかない。実際、この城を回って降りた後に、登り口を探して迷っている二人組に会ったので、登り口を教えてあげたのであった。

 中学校の前に駐車場があったので(中学校の駐車場?)、車はそこに置かせてもらった。そこから東側に進んでいくと天満宮が見えてくる。その背後を過ぎてさらに進んでいくと、上の方に墓地がある。ちょうどこの日、墓地に植えられている山桜が満開だったので、分かりやすかったのだが、この墓地の脇から山に入っていく道が付けられている。これを登って行った。

 するとすぐに城郭らしい雰囲気になってくる。緩やかな段を乗り越えていくと目の前に見事な虎口が見えてくる。3郭の虎口である。上がったところが3郭であり、まとまった広さがある。そこから上がったところが2郭。さらに上の虎口に入っていくと、もうそこが1の段である。

 1の段は長軸50mほどある大きな郭であり、周囲には高さ2mほどのしっかりとした土塁が巡らされており、かなり念入りに加工された郭であって、いかにも主郭らしい雰囲気を持っている。

 1の段から北側の下を見てみると、そこには、幅深さともに10mほどはありそうな大堀切が見えていた。大工事である。城主の山田氏の勢力の大きさが知れようというものだ。

 1の段の北側の虎口から降りると大堀切の脇に出た。さらに北側にも郭群が展開している。北側の大きな切通しの虎口を抜けて進んでいくと、そこは詰の段の下の郭である。ここから登って行ったところが詰の段となり、虎口は小規模な枡形状になっている。長軸30mほどの郭である。

 土佐の城では主郭のことを一般的に「詰の段」と呼ぶことが多い。ここが詰の段という名称であるとすると、こちらが楠目城の主郭ということになるのであろうか。しかし、先に1の段があったこともあって、一瞬判断に迷うところだ。だが、城全体の構造を考えてみれば、1の段が主郭であることは間違いのないところである。

 詰の段は確かに城内の最高所に位置してはいるのだが、横堀を挟んで、城の一番外側に位置しており、北側から敵が攻めてきた場合、最初に攻撃を受ける場所となっている。それに対して1の段は城の中心部にあり、もっとも全体を指揮しやすい場所である。1の段が主郭であることに間違いはない。

 それではなぜ、主郭以外の所に詰の段という名称が付けられているのであろうか。ここからは想像だが、おそらくこの城が最初に築かれた時には、詰の段がその主郭であり、城の規模は現在よりもかなり小さなものだったのではないだろうか。その後、山田氏の勢力が大きくなるのにしたがって、順次城を拡張していき、その際に1の段を築いてそこに主郭を移していったのではないかと想像する。そのため、1つの城郭の中に「詰の段」と「1の段」とが共存することになったのではないか。

 さて、詰の段の北側を覗いてみてびっくり! そこには深さ10mほどもある巨大な横堀が200mほどにわたって掘られており、北側の山稜との間を完全に分離しているのである。これが人の力で行ったことなのであろうか。1の段の堀切どころではない大工事である。どれだけの勢力を持っていたのか、山田氏、おそるべし! 詰の段から両脇の郭にかけて土塁が盛られており、堀の深さを高くすると同時に、敵を射撃するときの塁壁となっている。

 さて、詰の段から再び1の段の方に戻っていく。北側の側面部には4郭があるが、これは1の段に匹敵するほどの大きな郭となっている。ここから西側の方に進んでいく。すると郭の先端部分が切通しの通路となっており、きちんと分断されている。ここから西側が、茶ヶ森と呼ばれている場所である。1の段から南西に延びた尾根部分に当たり、城の出丸とでもいうべき箇所で、大手口からの攻撃をまず最初に防ぐ施設である。

 茶ヶ森の山頂部分は長軸20mほどの円形の郭であり、その周囲に2段の腰曲輪を配置している。構造としてはそれだけのものであるが、腰曲輪には溝状のものが長く掘られている。堀切にしては規模が小さく、あるいは後世の改変であろうか。千葉県の室戸城には、「漆センガン」を採取した跡の穴があちこちに残されていたが、これもあるいはそのようなものであろうか。

 茶ヶ森との間の切通し通路から北側にかけて、かなりきちんとした通路が付けられていた。これを見て「ここから北側に降りていく道が本来の大手道なのではないか」と思って、下りはそちらを進んでみることにした。ところが、この道、途中でなくなってしまっていた。どうも、大手道がどこなのか分かりにくい。

 楠目城は、かなり規模も大きく、巨大な横堀やしっかりとした虎口などを有する、いかにも戦国期の戦闘的城郭である。山田氏の勢力をしのびながら歩いてみるとよいと思う。しかし、これだけの城であり市指定の史跡となっていながら、入口にも城内にもなにも案内板が設置されておらす城内も整備されていない。あまり地元の人に愛されていないのであろうか。

中学校から天満神社を通り過ぎると城山が見えてくる。山桜が咲いている墓地の脇から山道が付けられている。 3郭に入る虎口。
さらに登って、一の段に入る虎口。 一の段内部。土塁が巡っている。ここが実質的な主郭であったろう。
土塁内側の石積み。 詰の段との間の大堀切。
詰の段の下の腰曲輪に入る虎口。大きな切通しとなっている。 詰の段内部。こちらも土塁が巡らされている。
詰の段の先の巨大横堀。写真にはうまく映らないが、この大きさには圧倒される。 詰の段から北側に延びている土塁。この右下が巨大横堀である。
一の段周囲の石垣。 西側の郭から一の段の城塁を見たところ。
茶ヶ森との間の堀切。 その先にある小規模な堀切。
茶ヶ森周囲の横堀。 茶ヶ森との間の堀切から下に降りていく通路。見事な切通しからして、こちらが大手口かと思い、降ってみたのだが、途中で道はなくなっていた。
 楠目城は、この地の勢力者であった山田氏の居城であり、そのため山田城とも呼ばれている。山田氏は、鎌倉時代に地頭となって土佐に入部した中原秋家の子孫であった。中原氏は後に山田地区に移って山田氏を名乗るようになった。

 山田氏は南北朝時代には北朝方に属して活躍し、香美郡を中心に大きな勢力を築き、土佐七守護の1人に数えられるようになる。

 永正5年(1508年)、本山養明と組んだ山田氏は長宗我部兼序を討ち、長宗我部氏の追い落としに成功する。しかし、山田元義は、歌舞音曲に溺れて、家政を顧みることの少ない領主だったようで、天文18年(1549年)になって、家領を復活した長宗我部国親(元親の父)に攻められて落城してしまう。